お申し込みの流れ

オフィスの不要になった重要機密書類を万全のセキュリティ体制で溶解処理工場まで輸送し、溶解処理をいたします。
対象エリアは、福岡・北九州・佐賀・下関となります。まずはお気軽にお問い合せください!

  • お電話かメールでお問い合せ下さい。廃棄書類の内容分量などをお聞きし費用を算出しご検討いただきます
  • お客様の会社まで、シュレッダー車もしくは収集車でお伺いします(下記参照)
  • お客様のご要望に合わせシュレッダーで裁断、又はダンボール箱を回収した後選別(異物検査)をします
  • 製紙会社のリサイクル工場へ搬送。溶解処理し再生紙へとリサイクル。完了後には溶解証明書を発行します

機密文書廃棄 回収方法

※イラストはイメージです  

回収方法1

シュレッダー車で回収
書類をそのまま廃棄業者へ出すのが心配な方

社外秘やプライバシー保護など、機密文書・機密書類をそのまま廃棄業者へ出すのが心配な方へ、 その場でシュレッダーをかける「シュレッダー搭載車」で出張が可能です! 御社までシュレッダー車が伺い、その場で箱の中身(古紙・紙ゴミ)をシュレッダーにかけます。

シュレッダー車に廃棄書類を持ち込み
シュレッダー車に廃棄書類を持ち込み
お客さまの立会いのもと大型シュレッダーで裁断
お客さまの立会いのもと大型シュレッダーで裁断

回収方法2

ダンボール収集
紙の選別が面倒ダンボールごとお願いという方

その場でのシュレッダー処理が不要な場合は、古紙・紙ゴミを箱のままお預かりして、丸孝産業倉庫内(従業員以外立ち入り禁止)にて、 選別(異物検査)後→安全対策車で製紙会社に持ち込み 溶解リサイクルの廃棄処理をさせていただきます。 なお溶解証明書を、お客様の所まで、お届けいたします。

ダンボールごと回収します
ダンボールごと回収します
厳重管理のもと選別(異物検査)
厳重管理のもと選別(異物検査)
※もし、どうしても箱を開けて欲しくない紙ゴミに関しましては、箱のままお預かりして、箱のまま溶解処理も可能です。
※シュレッダーや溶解できる紙ゴミは、上質紙・コピー用紙・雑誌・新聞・ダンボールに限ります。

溶解処理(リサイクル)

会社のイメージアップにも繋がります

焼却処分ではなく溶解処理することにより、紙を再利用して 自然保護に役立てばと1982年創立時からオフィス専門事業 中でも機密漏洩の保護に遵守し、運動を続けてきました。 創立時よりリサイクル事業に取り組み福岡はもとより佐賀・熊 本・鹿児島・北九州・下関までエリアを伸ばし専門業者として 努力しております。
お預かりした機密文書・機密書類は完全機密漏洩防止として 製紙メーカに持ち込み完全溶解を目指し、ユーザー様から 大変喜んでいただいております。

溶解処理で再生紙へ生まれ変わります

▲ ページの上部へ

オフィスのゴミを回収・廃棄します! Pマーク取得で安心! 丸孝産業の4つの安心 新着ニュース
2014/01/07
Pマーク(プライバシーマーク)を取得しました
2014/01/07
ホームページをリニューアルしました
社長ブログへ 機密文書廃棄・処理の丸孝産業
〒811-3501
福岡県宗像市神湊1241-38
TEL0940-62-2025
FAX0940-62-2137
福岡・北九州・佐賀・下関エリア 福岡・北九州・佐賀・下関エリアに出張します 機密書類を安全に回収 溶解処理、破棄します
お気軽にお問い合わせ下さい